Railsのエラーメッセージの日本語化

Railsにおけるエラーメッセージなどを日本語化してみました。

少し手こずってしまったのでメモとして残しておきます。

Railsのエラーメッセージなどを日本語化する方法

まずは、エラーメッセージなどのコンテンツの日本語訳ファイルが必要になります。

ファイルは自作も可能ですが、GitHubrails-i18nリポジトリに配布されていますので、そちらを利用するほうが手っ取り早いです。

ターミナルでwgetコマンドを用いてダウンロードします。

wgetコマンドのインストール

早速wgetコマンドを使おうとしましたが、Macではwgetコマンドが使えないそうです。

そのため、Homebrewを使ってwgetコマンドをインストールします。

% brew install wget

インストールできたら、wget -hを実行します。

% wget -h
GNU Wget 1.21.1, 非対話的ネットワーク転送ソフト
使い方: wget [オプション]... [URL]...

長いオプションで不可欠な引数は短いオプションでも不可欠です。

スタートアップ:
  -V,  --version                   バージョン情報を表示して終了する
  -h,  --help                      このヘルプを表示する
… 略 …

するとヘルプが表示され、コマンドが使える事を確認できました。

日本語翻訳ファイルのダウンロード

wgetコマンドが使えるようになったので、下記コマンドでファイルをダウンロードします。

●そのファイルの保存先はconfig/locales/ja.ymlです。

●日本語化したいアプリのディレクトリに移動してから、コマンドを実行します。

% wget https://raw.githubusercontent.com/svenfuchs/rails-i18n/master/rails/locale/ja.yml --output-document=config/locales/ja.yml

アプリケーションの設定

ダウンロードが完了し、config/locales/ja.ymlに保存できたら、デフォルトで日本語のコンテンツをを使うようにアプリケーションの設定を変更します。

エディタでconfig/initializers/locale.rbというファイルを作成して、下記のように記述します。

Rails.application.config.i18n.default_locale = :ja

これで完了です。

参考文献

https://wayohoo.com/article/5242

https://webkaru.net/dev/mac-wget-command-install/

https://qiita.com/shimadama/items/7e5c3d75c9a9f51abdd5

https://k-koh.hatenablog.com/entry/2020/01/23/112106

https://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1606/20/news024.html